home

子どもたちの安全のために

「防災・減災」

東日本大震災以降、各児童館・児童クラブでは防災への取り組みを強化しています。

また減災という考えを広めています。これは、発生し得る被害を最小化するための取り組み(ダメージコントロール)です。防災が被害を出さない取り組みであるのに対して、減災とはあらかじめ被害が発生するという前提の元、その被害を低減させていこうとするものです。

参考図書・DVD

・国崎信江「決定版 巨大地震から子どもを守る50の方法」ブロンズ新社,2012  
・編集委員会「Q&A 学校災害対応ハンドブック」ぎょうせい,2011  
・(社)土木学会「地震なんかに負けない!幼稚園・保育園・家庭防災ハンドブック―子どもの命を守るための防災マニュアル」学研,2006

・ファイト新聞社「宮城県気仙沼発! ファイト新聞 」河出書房新社,2011  
・森健「つなみ 被災地の子どもたちの作文集 完全版 」文藝春秋,2012

・「こどものための防災・防犯シリーズ「もしものときにできること」めらめらもくもく!」DVD,2012

・「こどものための防災・防犯シリーズ「もしものときにできること」ぶーぶーききー! 」DVD,2012

・「こどものための防災・防犯シリーズ「もしものときにできること」にこにこがおー! 」DVD,2012

・「こどものための防災・防犯シリーズ「もしものときにできること」 ぐらぐらどーん! 」DVD,2012

・「こどものための防災・防犯シリーズ「もしものときにできること」びゅうびゅうざざー! 」DVD,2012
・東京ボランティア・市民活動センター「市民のための体験的防災・災害対応訓練」同センター,2008 
・輪島市災害ボランティアの会「伝えよう能登半島地震」  
・能登地区児童館連絡協議会「能登半島地震」  
多世代交流館になニ~ナ「あんしんの種」

リンク

「安全・安心」であること

子どもたちが被害にあう事件・事故が後を絶ちません。

放課後を主として支援している皆さんの活動は「安全・安心」であることが前提になります。情報を収集して活動に役立てていただければ幸いです。

実践事例

◆児童館

(社)日本損害保険協会主催「ぼうさい探検隊マップコンクール」で、児童館で取り組んだ防災・防犯マップづくりが表彰されています。平成18年度には、福島県相馬市川原町児童センター(防災担当大臣賞)と沖縄県那覇市金城児童館(わかまち再発見賞)が表彰を受けています。同協会では毎年コンクールを実施しており、参加団体には無償でキットを提供してくださります。((社)日本損害保険協会へのリンクはこちらから

児童館の活動紹介のページでもご紹介していきます。

◆母親クラブ

財団法人児童健全育成推進財団では、財団法人こども未来財団の助成を元に、平成18年度から「母親クラブによる“協働でつくる地域の安全プログラム”開発事業」を実施しています。これは、地域の健全育成ボランティア組織「母親クラブ」が他の団体と協働して、地域の安全を守るためのプログラムを開発し、普及することを目的としています。

成果はパンフレットと「母親クラブ」ホームページで公開しています。

参考資料

リンク

pagetop