home

CITIZEN SCHOOLS(中学生を対象としたNPO)-アメリカ-

全国的な放課後NPOの1つですが、今回はサンフランシスコに近いレッドウッドシティの中学校にある事務所にお邪魔しました。

usa_citizen_01.jpg

弟子入りプログラム会場のGoogleへは用意されたバスで向かいます。この送迎バスも、地域の企業からの支援だそうです。

最も特徴的な活動は「弟子入りプログラム」です。
特技や職業について子どもたちに教えることを希望した「市民先生」と子どもたちが数ヶ月に渡って1つのプログラムを完成させ、家族や友人の前で大々的な発表を行うものです。
例えば、法律家を市民先生として、原告と被告に分かれ、数ヶ月かけて互いの主張を吟味し、実際の法廷を使って著作権等の模擬裁判を発表する体験もできるそうです。

見学したプログラムはGoogle社員によるホームページ製作です。
中学生たちは社内に用意された部屋に集まり、社員さんと冗談を言い合いながら、操作を学びます。スタッフは、子どもたちと市民先生が良い関係を保てる様にサポートしています。
企業で実際に働いている人たちと数ヶ月に渡って親しい関係を持つことは、中学生の職業観形成にとって、大きな意味を持つと感じました。

usa_citizen_02.jpg

ホームページ制作のプログラムの様子です。集中できない子どもたちに対しても、講師の社員やスタッフが声をかけ、楽しい雰囲気でした。

曜日によって、試験勉強や進路指導の時間があります。
その一環として、スタンフォード大学の学生との座談会も企画されていました。
自治体からの援助や企業の寄付で運営され、軽食の時間を使い、提供されたお菓子のモニタリングに協力することもあるそうです。

レポート:公益財団法人 さっぽろ青少年女性活動協会
東白石児童会館 太田 舞子

pagetop