home

児童館の活動紹介  

健全育成、子育て支援など、幅の広い機能を有している児童福祉施設「児童館」。
このページでは、全国の児童館の活動をご紹介していきます。
各項目の右下にある >>つづきを読む をクリックすると全体を読むことができます。

児童館が中心となった地域連携を実現  

2012.03.06

地域で育ち合う 〜地域とともに〜

宝塚市立安倉児童館(兵庫県宝塚市)

地域における児童育成の中核を担う児童館にとって、周辺地域との良好な関係作りは大きな課題。
安倉児童館では「大人レインボー」、「安倉の子どもを守る会」という2つのネットワークを構築し、大人も子どもも一緒になって育ち合うことができる地域連携を実現しました。

>>つづきを読む

中学生を小学生のチューターに  

2012.03.06

年齢の近い「お兄さん・お姉さん」によるボランティア活動

神戸市立有瀬児童館(兵庫県神戸市)

有瀬児童館ではこれまにでも地元の大学生など多くのボランティアを受け入れてきました。
今回、チャレンジしたのは、中学生に小学生のチューターとして活動してもらうこと。
名称をスマートにし、内容を凝縮してハードルを下げたことが、成功につながりました。

>>つづきを読む

いづみ薬局、オープン!〜「どんな薬(希望)がご入り用ですか?」〜  

2012.03.06

お菓子を活かした処方箋遊びで、子どもの気持ちに寄り添う

東郷町立北部児童館(愛知県愛知郡東郷町)

吉本興業のお菓子「ヨクスベール」が、児童館のプログラムに進化しました。
処方箋に子どもの願いを書いてもらう処方箋遊びをとおして、子どもの思いをつなげたり、気持ちに寄り添ったり。
「いづみ薬局」は、新しいコミュニケーションツールとして活躍しています。

>>つづきを読む

子どもたちの元気で、震災を乗り越えて  

2012.03.06

児童センターは、生きる力を育む「出会い」の拠点

輪島市子育て支援センター・輪島市児童センター(石川県輪島市)

震災から4年。輪島市の復興を支えたのは、いたわり合い、助け合おうとする、人と人とのつながりでした。そして、その拠点のひとつとなったのが児童センターだったのです。
大切に共有したい、被災地からの貴重なメッセージです。

>>つづきを読む

子育て支援プログラムからサークル化へ  

2012.03.06

当事者の想いを活かした、地域資源の活用

児童研修館「こどもの森」(新潟県燕市)

子育ての悩みを抱えた当事者と地域資源とをうまく結びつけることで、新しいタイプの子育てサークル結成に尽力した「こどもの森」。
当事者の主体性を重んじた支援プロセスの背景には、「心のバリアフリー」をめざす熱い思いがありました。

>>つづきを読む

安全カルタづくり  

2011.08.05

秋田市桜児童センター
秋田市桜児童育成クラブ

児童館の機能の一つに地域組織活動の推進があります。
その最たるものが、母親クラブ活動の支援です。
この事業は母親クラブと協働した事例です。

>>つづきを読む

中学生高校生世代へのアプローチ ・・母親クラブ活動を通じて  

2011.08.05

山梨県甲斐市敷島地区母親クラブ

児童館の機能の一つに地域組織活動の推進があります。
その最たるものが、母親クラブ活動の支援です。
この事業は母親クラブと協働した事例です。

>>つづきを読む

違いを認めあえる心を育む  

2011.03.07

情緒障害と知的障害を併せ持つNちゃんの受け入れ

石川県 金沢市立森山児童館 児童厚生員 中西裕美子
何事にも援助が必要で、集団生活も苦手だったNちゃん。
上手になった一輪車や竹馬を通して、他の子どもたちと喜びを共感。
日々の積み重ねが、Nちゃんと子どもたちを豊かに育んでくれました。

>>つづきを読む

羽ばたけ! キクマVレンジャー  

2011.03.07

子どもと地域を元気にする、ジュニアボランティア活動

愛媛県今治市 菊間児童館 児童厚生員 長野展也
子どもたちとつくり上げた「夏祭り」をきっかけに
ジュニアボランティアサークル「キクマVレンジャー」が誕生しました。
児童館発、地域を元気にする子どもたちの活躍をご紹介します。
p34_1.jpg

>>つづきを読む

大人が楽しいと子どもはうれしい  

2011.03.07

大人も一緒に育つ、大型児童館

愛知県児童総合センター 高阪麻子
子どもの活動は大人がうまくかかわることでより有意義なものになります。
「いかに大人にかかわってもらうか」に挑戦した私たちの実践報告です。

>>つづきを読む

pagetop