home

児童館の活動紹介  

健全育成、子育て支援など、幅の広い機能を有している児童福祉施設「児童館」。
このページでは、全国の児童館の活動をご紹介していきます。
各項目の右下にある >>つづきを読む をクリックすると全体を読むことができます。

ちょっと気になる子を抱えた親の会 ゆんたく(おしゃべり)広場さくらんぼの活動  

2012.04.24

沖縄県 うるま市 いしかわ児童館 

館長 山城 康代

・困った子は実は困っている子
児童館には様々な個性をもった子ども達が来ます、それぞれの子どもの個性に合わせた支援をすることが、子どもにとって心地よい居場所であることはもちろんですが、その中には対応に困る子がいます。落ち着きがなく、かんしゃくを起こしやすかったり、話をちゃんと聞いているのかよくわからない、理解に苦しむ「ちょっと気になる子」がいます。理解ができにくいために、しかられやすい特性をもっています。親も広場に行くと周りの子に迷惑を掛けるのではないかと思い、子育て広場や公園に行くのをためらいます。周りからは躾のできてない親といわれたりする事もあります。あるお母さんは「息子に発達障がいの診断が出たので、保母さんに伝えたところ、お母さんの関わり方が悪かったんですねと言われ、一週間泣き続けました」という話をききました。
子どもは何で怒られているか、理解できずに困ってしまい、親も自分を責めたりしてしまいます。
だからこそ、地域に発達障がいの理解を広げる事が必要になってきます。

>>つづきを読む

E-こといっぱい大作戦 -子どもの施設で地域も育つ-  

2012.04.24

                                      静岡県焼津市大井川児童センター  

                                                 榊原 珠紀 

大井川児童センターは、今年でオープン8年目になります。焼津市でただひとつの児童センターであり、子育て支援センターを併設しています。隣に公園、駄菓子屋さんがあり、平日は未就園児親子、休日は小中学生や町内外からの親子で賑わっています。

>>つづきを読む

地域の健全育成環境づくり  

2012.04.24

                     

神戸市東灘区社会福祉協議会 

主幹(子育てコーディネーター)   

 

古田 説子

 

 

児童館を中心とした地域で、子育てしやすく、地域全体が子育て力を向上するためには、何が必要なのかを探り、「地域の健全育成環境づくり」を実践した内容として、平成23116日(日)1300-1600神戸市立浜御影児童館で取り組んだ「地域で子育て元気アップ事業」御影地区文化の祭典&つながろう!東北チャリティーバザーの実践過程を報告します。

 

>>つづきを読む

児童館における日常の遊びとは  

2012.04.24

 

川崎市枡形こども文化センター

館長 岩堀 誠

 

立地が悪く、子どもの利用が少なかった児童館での、日々の子どもたちの遊びへの施設の準備、職員の関わり方を報告します。基本的な事ばかりになりますが、その基本をきちんと考える事により、着任から2年間で利用者数を70%増加することができました。

>>つづきを読む

たすけて!サークル存続の危機!  

2012.04.20

母親サークル「ペンギンクラブ」の支援

八王子市立中野児童館 井垣 利朗(東京都八王子市)

 

先生たすけて!

 【ステップ1】児童館能力の分析
平成22年10月に「先生助けて・・!」とペンギンクラブの母親が児童館に来ました。なぜ児童館に助けを求めてきたのでしょうか。児童館が、地域の子育ち子育てのための関係機関や人材への支援も行ってきたからです。子ども会や民生児童委員、住民協議会のイベントに遊びのプログラム提供を行っています。また、父親と子どものふれあいの遊びのサークルの設置に向けて支援した実績があります。自主サークルのペンギンクラブにも支援を行っていたため、母親は児童館なら何とかしてくれると助けを求めにきたのです。支援における『10のステップ』(別紙参照)を意識して、サークル支援に取り組みました。

>>つづきを読む

ヒノソングを広めて街を元気に!  

2012.03.06

日野市民による日野市民のための歌を児童館から発信

日野市立あそビバれっど あさひがおか児童館(東京都日野市)

創作あそび作家として活躍中の"たにぞうさん"を監修に迎え、日野市民の中からオーディションで選ばれたボーカルと演奏者によるCD「そらに響け ♪ ヒノソング」を制作。
世代を超えて親しみやすいオリジナルの歌と踊りの普及を地域の人とともに展開しています。

>>つづきを読む

地元商店街で模擬アルバイト体験  

2012.03.06

街に飛び出した地域一体型児童館まつり

八王子市立浅川児童館(東京都八王子市)

児童館行事として定着している児童館まつりを、地元商店街の協力を得て商店街前広場で開催。
「わんぱくシティ」という子どもの街をつくり、子どもたちが地元のお店で模擬アルバイトをし、遊びながら社会の仕組みを学ぶという社会体験を取り入れたイベントをご紹介しましょう。

>>つづきを読む

生まれる前から児童館デビュー  

2012.03.06

乳幼児在宅子育て支援事業「赤ちゃん出会いのひろば」を実施

板橋区立弥生児童館(東京都板橋区)

板橋区内の児童館では、乳幼児専用ルーム「すくすくサロン」を完備している10館の児童館で、平成22年度新規事業として「赤ちゃん出会いのひろば」を展開(平成22年度は9館で実施)。
出産前のお母さん・お父さんから乳幼児期までの赤ちゃんと保護者を対象に、子育て支援を行っています。

>>つづきを読む

「きんにく〜ず」のチャレンジを、全国に広げたい!  

2012.03.06

職員みんなが運動あそびを指導できる児童館に

きんにく〜ず(宮城県仙台市)

「仙台ひと・まち交流財団」が運営する児童センターの体育指導員を中心に、運動あそびに関心を持つ児童厚生員なども参加する有志グループ「きんにく〜ず」。
今回は、その中心メンバーである渡邊由貴さん、齋藤寿一郎さん、川村まどかさんにお集まりいただき、これまでの活動や今後の展開について語っていただきました。

>>つづきを読む

ぽんぽこ隊、今日もがんばってます!  

2012.03.06

自分たちで考え、実行することで生まれる「誇り」

東札幌児童会館(北海道札幌市)

「子どもたちに、自分たちで企画し、話し合い、実行する力を身につけてほしい」
......そんな願いから始まったのが、東札幌児童会館の「ぽんぽこ隊」。
参加資格は笑顔と元気、そしてやる気!
お年寄りが入居するグループホームへの定期訪問を中心に、さまざまな活動を展開しています。 

>>つづきを読む

pagetop