home

放課後児童クラブの活動紹介  

小学生の放課後の生活と遊びを支援する「放課後児童クラブ(放課後児童健全育成事業)」。
このページでは、「放課後児童クラブ」のさまざまな活動をご紹介していきます。
各項目の右下にある >>つづきを読む をクリックすると全体を読むことができます。

守りたい! 地域のたからもの ー『いのちのおはなし』ワークショップの実施ー  

2015.03.17

岩手県大船渡市 放課後児童クラブ にこにこ浜っ子クラブ
指導員 久保田 涼子

1.気になることが

 東日本大震災で学童施設は被災し、保育場所を転々としましたが、支援を受けて平成25年3月に仮設施設が完成し、子どもたちの生活も落ち着いたと思っていました。
 しかし、夏休み頃から子どもたちの遊びの中で、「○○君が自殺したそうです」とか「屋上から飛び降り自殺をしました」など『自殺』という言葉が出てきて気になっていました。その頃、テレビ等でいじめを苦にして自殺した少年のことが報道されたり、近くで大学生が飛び降りたことなどが原因では、と思いました。
 震災でたくさんの方が亡くなりました。自分たちも死と隣り合わせの中助かった『いのち』を大切にして欲しいと思いました。

>>つづきを読む

すべての放課後児童を見守るために  

2014.04.10

滋賀県野洲市 野洲第5・第6学童保育所
所長 梶谷 明美

1.施設拡充事業の推進

 滋賀県野洲市は琵琶湖の東南に位置し、住宅地や田畑が広がる人口約5万人の町です。
 学童保育所への入所希望者急増による待機児童問題を解消するために、平成18年には「野洲市放課後児童クラブ運営基準」を設け、子どもたちが安心して放課後の時間を過ごせる環境を整備しようと施設の拡充事業を進めてきました。

>>つづきを読む

通所する外国籍の子どもに対する配慮について  

2014.04.10

滋賀県米原市 大原児童クラブ『はらっぱ』
主任指導員 三原 豊子

1.はじめに

 平成24年4月に外国籍の1年生の男児が入所してきました。保育園から入学してきたA君は、学校に慣れる間もなく、新しい環境は彼にとって不安と緊張でいっぱいだったことと思います。

>>つづきを読む

異年齢をつなぐ-班活動の取り組み-  

2014.04.10

広島県東広島市 郷田いきいきこどもクラブ
鍋原 千鶴

1.はじめに

 郷田いきいきこどもクラブは市の待機児童を出さないという方針により、定員45人の小学校敷地内のプレハブ専用施設で公設公営で運営しています。

>>つづきを読む

発達障がい児のための動線と見通しのたて方を活用して  

2014.04.09

大阪府泉大津市 旭小学校 仲よし学級
指導員 森口 妙子

1.放課後児童クラブに求めるもの

 少子化で子どもの数は減ってきているものの、働く母親の増加に伴って留守家庭児童は増えています。放課後児童クラブにおきましても保護者のニーズが多様化し、徐々に開設時間の幅が大きくなり、民間の放課後児童クラブでは早朝から夜遅くまで小学生を預かるという所もあります。これは母親の勤務時間がそれだけ長くなっている、すなわち子どもと関わる時間がその分短くなっているということを表しています。

>>つづきを読む

児童クラブで「いのち」を感じるプログラムを!  

2012.04.20

岩手県洋野町 種市放課後児童クラブ

どりーむキャンパス 下田 定子 

 

いのちって何? いのちの音は? いのちを描いて見よう!

子どもたちに問いかけると大きな声が返ってきました。

ドキン!ドキン!  キラキラ!  オギャーオギャー!

>>つづきを読む

地域のスーパーに民間児童クラブを併設  

2012.03.06

NPOが取り組む、新タイプの放課後児童クラブ

放課後児童クラブ きっずぽーと(新潟県新潟市)

民間ならではの特質を活かしながら、児童クラブの運営に取り組む「ディンプルアイランド」。
保護者の要望を受けて昨年開所した新しいクラブは、企業とのコラボレーションによって実現したものです。
その開設までの経緯を追ってみました。

>>つづきを読む

子どもたちに「絵本」との出会いを  

2011.03.07

本の楽しさや喜びを伝え、活字離れを防ぐ

大阪府 枚方市立船橋留守家庭児童会室 指導員 時恭子
子どもたちが、自分自身を支える「1冊の本」に出会えるように たくさんの本と親しむ環境をつくりたい。
そんな取り組みを続ける中で、ますます「本の力」を実感しています。

>>つづきを読む

みんなで作ろう「ひまわりハウス」  

2011.03.07

大規模クラブの分割を子どもたちと一緒に

滋賀県野洲市 中主第一・第二学童保育所(ひまわりハウス) 梶谷明美

なんで「ひまわりハウス」が分裂しないといけないの?
子どもたちの引き裂かれるような思いを解消し、理解してもらうためにできることから少しずつ取り組みを開始しました。

平成22年、みんなの要望をとり入れて、「ひまわりハウス」の改修工事が完成しました。

>>つづきを読む

「理想の施設」を夢見て  

2011.03.07

自然体験・野外活動を通した健全育成活動

長崎県大村市 西大村遊學館 指導員 村上彰一

学校内だけのものではない教育、自分が理想とする健全育成とは?
さまざまな葛藤の中で出会った、「野外教育」や「冒険教育」。
理想を実現するために設立した西大村遊學館で、チャレンジが続いています。

p72_1.jpg キャンプなど、生活を共にすることで、児童間の距離も密になります。

>>つづきを読む

pagetop